記事の検索
お知らせ
携帯電話からご覧頂くことができます

www.pandp-hot.com


メールはこちらへ





認められたい!
先日、久しぶり時計に友人二人と高田馬場でランチスプーンして、その後楽しいおしゃべりを楽しみバラました。
いろいろな話をしているうちに、「チューリップ人間て年齢関係なく認めてもらいたいんだねチューリップ」ということになりました。

一人の友人はまさに今介護の真っ最中ですが、こんなエピソードを話してくれました。

~義母ですが、痴呆が大分進んでしまい、薬を飲みすぎて具合が悪くなったのをきっかけに危ないので、一時薬を彼女が管理したそうです。、少しずつ一人で飲めるように訓練した後に「チューリップ今日から自分でやってね!チューリップ」と全権を委譲したところ、「はーい!」と手を挙げて喜んだとか。それまで義母にとって、それがそんなに愉快なことではなかったということに気づかなかったそうです~

夫婦なら夫は妻に、妻は夫に、親子なら親は子どもに、子どもは親に、上司と部下、同僚、友人、恋人などの関係もしかりで、相手に認めてもらえたら気持ちが良いですよね。まして自分が大切に思っている人から誉めてもらったり、自分の行動や考えを肯定してもらったら自信が付きオッケーます。

赤ちゃんも同じで泣くことで泣く過不足なく欲求を満たしてもらえたとき、認めてもらえたとチョキ思えるようになり、情緒が安定し自信がもてるようになるそうです。そして精神的に早く自立するともいわれています。

そのように育てられている赤ちゃんは穏やかにこっで落ち着いていますし、あまり無駄に泣きません。友人のお子さんやママたちのところに訪問していてたびたびそんなお子さんを目にして「本当だなぁ~」と思うことがあります。

心身ともに満たされている赤ちゃんは、お腹が空いた、抱っこして欲しい、眠いなど、本当に自分の欲求があるときにだけ泣いて教えるようになります。  泣くのは赤ちゃんの言葉ですから、良く泣く泣くお子さんは何かを満たして欲しいと伝えているので、それをみつけるのが育児の第一歩スタートかもしれませんね。


育児
| ピーアンドピー 高橋京巳 | 高橋京巳ブログ |
このページの先頭へ

カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前  2011年09月  次>>
ピーアンドピー

代表:高橋京巳
自己紹介


事業所
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-22-16-4F
TEL:080-2077-4847
FAX:03-3369-6635

営業時間
電話受付:9:00~18:00
定休日:日・祝日

Webからは24時間お申し込み頂くことができますが、お返事は翌営業日になります。
出張サポートの時間は、受付時間外も対応しておりますのでご相談ください。



お問い合わせはこちらから

モリンダ「ヒロ」ショップ


■ARCHIVES■
その他
    処理時間 0.119秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
 
フラッシュバックス
 
アビリティ

COUNT:
【T: Y:

このページの先頭へ