記事の検索
お知らせ
携帯電話からご覧頂くことができます

www.pandp-hot.com


メールはこちらへ





自主上映の映画
映画「うまれる」~神様からの預かりもの~を観ました。

両親の不仲、虐待の経験から親になることに戸惑う夫婦。
出産予定日に我が子を失った夫婦。
子どもを望んだものの授からない人生を受け入れた夫婦。
完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。
全てが「うまれる」ストーリーです。

企画、監督、撮影 豪田トモ
上映中、絶えず自分だったらどうかと思いながら観ました。
現在、学校でいじめや暴力が問題になっていますが、是非中学、高校生に
観てもらいたい。

一人一人がこの世に使命を持って生まれてきたんだと
いうことが分かれば、軽々しく他人を心身ともに傷つけるなど
出来ないはずです。

映画のあと、池川明先生の「体内記憶」についての講演がありました。
そこで興味深い話を聞きました。(体内記憶という言葉を知っている方は
9割だそうです)

数千人を対象に調査したところ、3歳前後のお子さんの30%に体内記憶や
更に生まれる前のこと、どうしてこのお母さんを選んだかも話して
くれたそうです。

実際にはもっとたくさんの子どもが覚えているそうですが、6歳を境に急速に
忘れてしまうということです。でも中には大人になっても覚えているそうで、
会場のなかのひとりの女性がこんな話をしてくれました。

お腹の中で生まれるのが嬉しくて嬉しくてぐるぐる回っていたらへその緒が
絡まってしまった。ゆっくりほどいて生まれようとしてたのに、無理やりうまれさせたので、お尻を叩かれたけど息しないときめてしばらく抵抗
したということを覚えていると・・・。

2~3才のころ話ができるようになったらさりげなくどうだった?と聞くと
話してくれるそうですが、その時に絶対に否定しないこと、二度と話さなくなるそうですよ。


私もこのことを知っていれば息子に聞いてみたかったなぁ。

| ピーアンドピー 高橋京巳 | 高橋京巳ブログ::育児について |
このページの先頭へ

カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前  2018年10月  次>>
ピーアンドピー

代表:高橋京巳
自己紹介


事業所
〒169-0073
東京都新宿区百人町2-22-16-4F
TEL:080-2077-4847
FAX:03-3369-6635

営業時間
電話受付:9:00~18:00
定休日:日・祝日

Webからは24時間お申し込み頂くことができますが、お返事は翌営業日になります。
出張サポートの時間は、受付時間外も対応しておりますのでご相談ください。



お問い合わせはこちらから

モリンダ「ヒロ」ショップ


■ARCHIVES■
その他
    処理時間 1.532727秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
 
フラッシュバックス
 
アビリティ

COUNT:
【T: Y:

このページの先頭へ